基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > QoS・パケットの識別(その1)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆QoS・パケットの識別(その1)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆QoS・パケットの識別(その1)

 QoSの機能には、大きく分けると「パケットの識別」、「優先制御」、「帯域制御」の3つの機能があり、この機能を使って動作しています。

 ここまで、「優先制御」、「帯域制御」について説明してきました。ここでは、「パケットの識別」について説明してゆきます。

 「優先制御」、「帯域制御」においてパケットの優先度を識別し、優先度に応じた待ちキューに振り分けたり、パケットの破棄を行っていると説明してきました。

それでは、パケットの優先度をどのように判定しているのでしょうか?

 ルータは、自動的にパケットの優先度を判定することができません。事前にどのような情報を持ったパケットが優先度が高いのか、低いのかを定義しておく必要があります。

ルータが主に識別する情報には、以下のようなものがあります。

・IPアドレス
・TCP,UDPのポート番号
・IPヘッダ内のTOSフィールド
・VLANタグ

IPヘッダの詳細は、下図の通りです。

0 15 16 31
バージョン
(4ビット)
ヘッダ長
(4ビット)
TOS
(8ビット)
パケット長
(16ビット)
識別番号
(16ビット)
フラグ
(3ビット)
フラグメントオフセット
(13ビット)
TTL
(8ビット)
プロトコル番号
(8ビット)
ヘッダチェックサム
(16ビット)
送信元IPアドレス
(32ビット)
宛先IPアドレス
(32ビット)
オプション パディング
←―― 32ビット ――→

VLANタグの詳細は、下図の通りです。


 IPアドレスでは、通信する端末を識別できます。TCP,UDPのポート番号では、アプリケーションを識別することができます。

つまり、IPアドレスとポート番号の組み合わせで、端末やアプリケーション単位に優先度を判定することができます。

 「IPヘッダ内のTOSフィールド」や「VLANタグ」は、ルータやスイッチが優先度を他のルータやスイッチに優先度を知らせるために使用されています。

 基本的に端末側から、これらの情報が、書き込まれてパケットが送られることがないため、ルータで行われるQoSのパケットの識別には、主に「IPアドレス」、「TCP,UDPのポート番号」が使用されています。

QoS・帯域制御(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「QoS・パケットの識別(その2)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.