基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > DHCPの仕組み詳細(その7)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆DHCPの仕組み詳細(その7)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆DHCPの仕組み詳細(その7)

 ここでは、DHCPのメッセージフォーマットを説明してゆきます。DHCPは、BOOTP(Bootstrap)の上位互換であるため、メッセージの構造は、ほとんど変わっていません。

まず、BOOTPのメッセージフォーマットを説明します。

◆BOOTPのメッセージフォーマット

 BOOTP、DHCPのメッセージは、ほとんど同じ形式の構造を使用しています。最終フィールドのみ異なります。BOOTPの場合、この省略可能なフィールドを「ベンダ固有領域」と呼び64バイトに制限しています。

DHCPの場合、この領域は、可変長で「オプション」と呼び、DHCPオプション情報を伝達できるようにしています。

下の図は、BOOTPのメッセージフォーマットです。

0 15 16 31
OP
(8ビット)
ハードタイプ
(8ビット)
ハードウェア長
(8ビット)
ホップ数
(8ビット)
トランザクションID
(32ビット)
経過秒数
(16ビット)
フラグ
(16ビット)
CIADDR(クライアントのIPアドレス)
(32ビット)
SIADDR(サーバのIPアドレス)
(32ビット)
GIADDR(クライアントのIPアドレス)
(32ビット)
CHADDR(クライアントのMACアドレス)
(16バイト)
SNAME(サーバ名)
(64バイト)
ファイル名
(128バイト)
ベンダ固有領域
(64バイト)
←―― 32ビット ――→

◆DHCPのメッセージフォーマット

DHCPはBOOTPの拡張で、メッセージフォーマット等は、ほぼそのままです。

下の図は、DHCPのメッセージフォーマットです。

0 15 16 31
OP
(8ビット)
ハードタイプ
(8ビット)
ハードウェア長
(8ビット)
ホップ数
(8ビット)
トランザクションID
(32ビット)
経過秒数
(16ビット)
フラグ
(16ビット)
CIADDR(クライアントのIPアドレス)
(32ビット)
SIADDR(サーバのIPアドレス)
(32ビット)
GIADDR(クライアントのIPアドレス)
(32ビット)
CHADDR(クライアントのMACアドレス)
(16バイト)
SNAME(サーバ名)
(64バイト)
ファイル名
(128バイト)
オプション
(可変長)
←―― 32ビット ――→

DHCPの仕組み詳細(その6)」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPの仕組み詳細(その8)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.