基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > DHCPの仕組み詳細(その5)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆DHCPの仕組み詳細(その5)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆DHCPの仕組み詳細(その5)

ここでは、DHCPリレー機能における留意点を説明してゆきます。


◆UDPブロードキャストの影響

DHCPリレーエージェント機能を利用すれば、DHCPのUDPブロードキャスト要求を中継することができます。


 DHCP要求(ブロードキャスト)を受け取ったルータは、別のネットワークにあるDHCPサーバにDHCP要求をユニキャストで中継します。

 しかし、UDPブロードキャストをあるサブネットから別のサブネットに転送すると大量のトラフィックが注入される恐れがあるので注意が必要です。


 クライアントからのDHCPのブロードキャスト要求を転送するには、ルータにDHCPリレーエージェント機能の設定を行います。

 機器によって転送されるブロードキャストは、異なるのですが、Ciscoルータでは、「ip helper-address interface 」コマンドを使用することで、下記のUDPブロードキャストを転送します。

サービス UDPポート番号
TFTP 69
DNS 53
Time (タイムサービス) 37
NetBIOS ネーム サーバ 137
NetBIOS データグラム サーバ 138
Boot Protocol(DHCP/BootP) ポート67,68
TACACS 49
EN-116 ネーム サーバ 42

任意のUDPブロードキャストを転送するようも設定できます。

また、1つのインターフェイスに対して、複数のIPヘルパーアドレスを設定することもできます。

DHCPの仕組み詳細(その4)」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPの仕組み詳細(その6)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.