基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > マルチキャストアドレスIPアドレス

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆マルチキャストアドレスIPアドレス

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆マルチキャストアドレスIPアドレス

 マルチキャストアドレスは、クラスAからクラスCまでのいずれのアドレスクラスにも該当しない特殊なクラスです。特定のグループに対してのみ、データを転送するための専用のアドレスです。このアドレスは、宛先アドレスとしてのみ使用されます。送信元アドレスは、常にユニキャストが使用されます。

 マルチキャストアドレスは、最初の4ビットが識別のために、「1110」とすることが決められていて、ホストアドレス部分はありません。「1110」から後の28ビットは、マルチキャストのグループを識別するマルチキャストグループIDとして使用されます。


 マルチキャストアドレスは、「1110」から始まるため「224.0.0.0 〜 239.255.255.255」を使用することになります。 マルチキャスト通信は、音声や映像データの一斉放送するマルチメディアアプリケーションなどで使用されます。また、ルーティングプロトコルがお互いに経路情報を交換する際にも使用されます。

 マルチキャストアドレスの割り当ては、IANAによって管理されています。主なWell-Knownマルチキャストアドレスには、以下のものがあります。

マルチキャストアドレス 対象
224.0.0.1 サブネット上の全てのホスト
224.0.0.2 サブネット上の全てのルータ
224.0.0.4 全てのDBMRPルータ
224.0.0.5 全てのOSPFルータ
224.0.0.6 全てのOSPFルータ DR
224.0.0.9 全てのRIPv2ルータ
224.0.0.10 全てのEIGRPルータ
224.0.0.13 全てのPIMルータ
224.0.1.1 NTP

SNMP(メッセージ)」 ← 前項 | 次項 → 「マルチキャストMACアドレス




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.