基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > SNMP(ポーリング/トラップ)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆SNMP(ポーリング/トラップ)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆SNMP(ポーリング/トラップ)

SNMPは、以下の3種類の動作でネットワークの状態を監視できるようになっています。

・マネージャからエージェントへの要求とその応答
・マネージャからエージェントへの管理情報の更新要求とその応答
・エージェントからマネージャへの状態変化を通知


 SNMPは、マネージャがコマンドを発行して、エージェントがそれに応答するポーリングが基本動作になっていますが、監視対象機器に指定しておいたイベントが発生した場合や、しきい値を超えた時にエージェント側から行うTrapという通知を行なうこともできるようになっています。

また、マネージャからエージェントに情報の更新を要求することもできます。

SNMP(MIB:管理情報ベース)」 ← 前項 | 次項 → 「SNMP(メッセージ)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.