基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > SNMPの仕組み(マネージャ/エージェント)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆SNMPの仕組み(マネージャ/エージェント)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆SNMPの仕組み(マネージャ/エージェント)

SNMPは、以下の2つで構成されます。

・エージェント
・マネージャ

 エージェントは、管理される側で、コンピュータや、ルータ、スイッチなどのネットワーク機器、プリンタといった、様々な機器のことで、この機器上でエージェントというプログラムを動かしています。

 このエージェントが、監視対象機器の状態を示すパラメータの管理を行い、SNMPマネージャからの要求に応じて、機器の状態を通知します。エージェントは、常にマネージャからの要求に応えられるように待機しています。

 SNMPでは管理対象となる機器にエージェントを待機させ、監視サーバ上のマネージャで管理する構成になっています。


 このエージェントとマネージャでやり取りされるパラメータは、監視対象機器内にある)MIB(Message Information Base)というデータベースに格納されています。

 エージェントは、このMIBから情報を取り出してマネージャに通知し、マネージャは受け取ったMIBの内容から、現在の監視対象機器の状態を判断するようになっています。

 SNMPは、UDPの上位に位置するプロトコルで、UDPのポート161番(ポーリング)と162番(TRAP)を使用して、情報をやり取りしています。

SNMPとは」 ← 前項 | 次項 → 「SNMP(MIB:管理情報ベース)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.