基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > SNMPとは

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆SNMPとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆SNMPとは

 SNMP(Simple Network Management Protocol)は、TCP/IPベースのネットワークシステムを監視し管理を行うプロトコルです。ネットワークシステム管理の重要度が認知される昨今、注目を集めています。

 SNMPは、ネットワーク上のコンピュータやネットワーク機器に対して、ネットワーク上のトラフィックや稼働状況などを問い合わせて管理する機能を持っていいます。

 一昔前のコンピュータシステムは、大型機中心のネットワークでしたが、コンピュータのダウンサイジングに伴い、ネットワークシステムは、次第に小型機中心のシステムに代わってゆきました。


 ここで、深刻な問題が出てきます。それは、大型機の集中型のネットワークなら、専任の管理者の経験と感で管理することも可能でしたが、分散型のネットワークともなると、余りにも複雑で管理することが容易ではありません。

SNMPは、この問題を軽減することを目的に規格化が進められています。

電子メールの認証(SMTPS-AUTH)」 ← 前項 | 次項 → 「SNMPの仕組み(マネージャ/エージェント)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.