基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > 電子メール(DNS逆引きで制限する)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆電子メール(DNS逆引きで制限する)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆電子メール(DNS逆引きで制限する)

スパムメールは

@架空のドメイン名を使用している。
ADNSの逆引きを行うことができない。

という特徴を持っています。

 送信されてきたメールのIPアドレスからドメインの逆引きを行い、逆引きできないメールサーバからのメールを拒否することで、スパムメールを遮断することができます。


 ただし、DNSの逆引きができないサーバは、スパマーのものだけとは限りません。管理が行き届いていない逆引きの登録を行っていないサーバも含まれてしまいます。

 そのため、スパマーでないユーザのメールまでも遮断されることがあります。これは、管理者がサーバの管理を怠っているのが原因で、ある意味、自業自得の感があります。

 また、最近では、正当なドメインを使用して送信されるスパムメール急激に増えてきていてます。これでは、DNSの逆引きでドメイン名を調べたところで効果がありません。

このように、DNSの逆引きで制限する方法では、限界があり、スパムメールを防ぐ完全な方法ではありません。

電子メール(ブラックリストと連動)」 ← 前項 | 次項 → 「電子メールの認証(POP before SMTP)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.