基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > 電子メール(ブラックリストと連動

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆電子メール(ブラックリストと連動

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆電子メール(ブラックリストと連動)

 最近では、ブラックリストとメールサーバを連動して動作させているメールサーバもあります。ブラックリストは、リアルタイムに更新されることからRBL(Realtime Blackhole List)とも呼ばれています。

ブラックリストとは、拒否するリストのことです。ホワイトリストとは、許可するリストのとこを指します。


 しかし、このブラックリストは、万能ではありません。誤認することがあるのです。誤認されると、メールサーバから無視される被害を受けメールを相手に送信できなくなってしまいます。

 ブラックリストの種類によっては、クラスC単位でブラックリストに登録するものもあります。管理の甘いメールサーバのIPアドレスや悪さをしているメールサーバのIPアドレスに、たまたま近い番号のIPアドレスだったからという理由で、ブラックリストに登録されてしまう場合もあります。

 何も悪さをしていないのに、ブラックリストに登録されてしまうケースも多発しており、RBLの管理は、大きな問題になっています。

電子メール(ドメインで制限する)」 ← 前項 | 次項 → 「電子メール(DNS逆引きで制限する)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.