基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > 電子メール(IPアドレスで制限する)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆電子メール(IPアドレスで制限する)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆電子メール(IPアドレスで制限する)

電子メールの不正中継を制限する最も単純な方法は、IPアドレスを指定して中継を拒否する方法です。

 ISPが保持しているIPアドレス以外からのメール中継要求を拒否するようにサーバを設定することで、そのISPの加入者以外の不正なメール中継を防ぐことができます。


これで、解決!と思いきや、デメリットがあるのです。

 現在では、モバイル環境が整っており、外出先や出張先などで、異なるISPからインターネットに接続するということも多々あります。

 接続するISPが変わればIPアドレスが変わってしまいます。IPアドレスが変わるということは、メールが使えないということになります。これでは、使い勝手がよくありません。このように、IPアドレスによる送信者制限には限界があるのです。

そもそもIPアドレスだけでは、利用者を認証することができません。

そこで、利用者認証を行う手段として、POP before SMTPやSMTP-AUTHなどが考え出されています。

メール中継の歴史」 ← 前項 | 次項 → 「電子メール(ドメインで制限する)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.