基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > メールサーバの仕事

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆メールサーバの仕事

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆メールサーバの仕事

メールサーバの主な仕事は、メール配信(Delivery)とメール転送(Transfer)です。

メール配信とは、メールサーバのローカルでユーザのメールボックスへ間違いなくメールを届ける機能のことです。

 メールサーバには、ユーザごとのメールボックスがあり、自分には、どの名前のユーザが登録されているか、そして、そのユーザがどのメールボックスを使用しているかを管理しています。自分の管理するユーザ宛てのメールを受け取った時は、そのユーザのメールボックスに保管しておきます。


 メールの転送とは、宛先メールアドレスの@の右側のドメイン名から判断して、次のメールサーバに転送する機能のことです。

メールアドレスは、下の形式で記述することが決められています。

[ユーザー名]@[ドメイン名]

 メールユーザの管理は、OSやsendmailなどのアプリケーションによって動作が異なります。UNIXのユーザ登録の仕組みを利用するもの、WindowsサーバではActive Directoryの仕組みを利用しています。

電子メール(MTAとMUA)」 ← 前項 | 次項 → 「SMTPヘッダ情報




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.