基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > 電子メール(MTAとMUA)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆電子メール(MTAとMUA)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆電子メール(MTAとMUA)

 電子メールの仕組みは、大きく分けるとメールの送信機能と受信機能に分けることができます。他にも送受信メールを一時的に保管して転送に備え、キューイング機能などもあります。

 こうしたメールを配信したり転送を行うプログラムのことをMTA(Mail Tranfer Agent)と呼びます。メールサーバは、この機能を実装しています。

 MTAとして人気の高いの複合プログラムは、sendmail、qmail、Postfixなどがあります。その内、新世代MTAとしてqmail、Postfixが注目されています。

 逆にこうした機能を持たず、ユーザのフロントエンドとして、電子メールの表示や読み書き、そしてメールサーバへの送信やサーバの自分のメールボックスからのメールの受信に専念するプログラムをMUA(Mail User Agent)と呼びます。

 このMUAのことを「電子メールソフト」「メールクライアント」「メーラー」などと呼んでいます。

 もともと、MTAとMUAは1つのプログラムでした。初期のメールでは、同じマシン内のユーザのメールを送受信するだけで、プログラムは大した規模ではありませんでしたが、SMTPが登場すると、遠く離れたユーザ同士でもメールを送受信できるようになり、プログラムの規模は膨大になってきました。

 その頃になると、クライアントパソコンの価格も下がり、性能も飛躍的に向上していたので、MUAの機能はクライアント側で行うようになりました。


 今では、MTAとMUAという2階層に分けて運用する方が効率的なので、分離して運用するのが一般的になっています。

電子メールとは」 ← 前項 | 次項 → 「メールサーバの仕事




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.