基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > DNS探索の仕組み(正引き)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆DNS探索の仕組み(正引き)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆DNS探索の仕組み(正引き)

DNSを使って、ドメイン名からIPアドレスを引くことを正引きといいます。

「DNSのドメインツリー」で説明したように、DNSの名前解決は、ドメインツリーに沿って行われます。

 例えば「www.sales.company.co.jp」というホスト名からIPアドレスを求めるには、トップレベルドメイン(TLD:Top Level Domain)の上位に存在するルートネームサーバから問い合わせを行います。

 「jp」の上には一見、何もなさそうに思えますが、実際には更に上に階層があり、「ルート」や「.(ドット)」で表現されるルートドメインが存在します。

問合せの流れは、下のようになります。

 「ルートネームサーバ」→「jpドメインのDNSサーバ」→「co.jpドメインのDNSサーバ」→「company.co.jpドメインのDNSサーバ」→「sales.company.co.jpサブドメインのDNSサーバ」


 このようにルートネームサーバから必要とするレコードまで下位の層にたどることで、目的のレコードまでたどり着けるようになっています。

DNS(ゾーンとレコード)」 ← 前項 | 次項 → 「DNS探索(リゾルバとリカーシブ)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.