基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > ネットワーク機器のDHCP機能

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ネットワーク機器のDHCP機能

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ネットワーク機器のDHCP機能

 DHCPサーバは、WindowsサーバやLinuxサーバのサービス機能を利用して構築するのが一般的ですが、ルータやレイヤ3スイッチ、ブロードバンドルータのようなネットワーク機器側でDHCPサービスが行える製品もあります。

Ciscoルータ BBルータ

 DHCPサーバ専用のコンピュータを設置することは、コスト面で見合わないケースもあります。ネットワークの規模にもよりますが、払い出しを行うIPアドレスの数によっては、DHCP機能をネットワーク機器に処理させるという手もあります。

 ルータなどの機器にDHCPの処理を任せておいて、処理が大丈夫なのか?という疑問が思い浮かぶかもしれませんが、最近のネットワーク機器は、一昔前のものに比べてかなり性能が良くなっています。管理人の経験上、少々のことならへっちゃらです。

 しかし、運用管理となると、DHCPサーバ専用のコンピュータに軍配が上がります。どのIPアドレスをどの端末に割り当てたのかを知りたい時には、やはりGUI周りがしっかりしているからです。

 どの端末が悪さをしているのか、どの端末がウイルスに感染しているのかなどIPの払い出しの履歴を調べることで、突き止めることが出来ます。とくに最近は、端末にウイルス対策ソフトをインストールしていますから、端末を突き止めにくくなっています。

DHCPの問題点」 ← 前項 | 次項 → 「Wake On LAN(その1)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.