基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > Telnetとは

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆Telnetとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆Telnetとは

 Telnet(telecommunication Network)は、TCP/IPネットワークにおいて、機種依存しない仮想キャラクタ端末を定義してリモートのコンピュータを遠隔操作する場合に利用する機能です。

 Telnetのおける操作は、CUIベースになります。コマンドプロンプト(シェル)から相手のマシンに遠隔でログインしてコマンドを実行します。


 もともとTelnetは、数十年前、まだコンピュータが非常に高価だった時代、1台の高性能なホストコンピュータに廉価で低機能なキャラクタ端末(ダム端末)をたくさん配置してシリアルポートを通じてホストコンピュータにログインして使用するスタイルで利用されていました。

 当時としては、なくてはならないプロトコルでしたが、現在、使用しなくなったわけではありません。

 現在においては、WindowsベースのGUIに慣れており、Telnetは貧弱に思えるかもしれません。しかし、その分、接続の確立や制御も単純なので、軽快に接続することができます。

 そのため、手軽にネットワーク上のサーバやネットワーク機器を遠隔操作する場合に重宝することから利用価値が高く一般的によく利用されています。

 また、Telnetは、FTPと同様に、OSのコードの違いを吸収する異機種間接続をサポートしており、ウェルノウンポートとしてTCPの23番を使用しています。

X Window System(X Protocol)」 ← 前項 | 次項 → 「セキュリティが弱いTelnet




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.