基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > DHCPリレー機能をルータで実装する

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆DHCPリレー機能をルータで実装する

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆DHCPリレー機能をルータで実装する

DHCPリレー機能はルータやレイヤ3スイッチでも設定することで実装することができます。

この仕組みは、下図のようになります。


 DHCP要求(ブロードキャスト)を受け取ったルータは、別のネットワークにあるDHCPサーバにDHCP要求をユニキャストで中継します。

 ルータのDHCPリレーエージェント機能を利用することで、複数のネットワークに関するネットワーク設定情報を、1台のDHCPサーバーで管理できるようになります。

 運用管理において、メンテナンスしなければならない機器が増えるわけではないので、運用が楽になります。また、費用的にも、別途、サーバを用意しなくても済むので安上がりになるというメリットもあります。

DHCPリレーをサーバで実装する(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「DHCP(セグメントの識別)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.