基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > DHCPリレーエージェント

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆DHCPリレーエージェント

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆DHCPリレーエージェント

 ルータは、ブロードキャストを転送しないでブロックするため、ルータを越えた先にあるDHCPサーバにメッセージを届けることができません。


この問題を解決するには、DHCPのブロードキャストの要求を中継する必要があります。

 この送られてきたDHCPクライアントからの要求を受け取って、別のネットワーク上のDHCPサーバに中継する機能のことをDHCPリレーエージェントと呼びます。

この機能を用いることで、ネットワークごとにDHCPサーバを設置せずに済むようになります。

この機能をネットワークに実装するには、いくつか方法があります。

1つ目は、DHCPのリレーを行うサーバを用意する方法です。


2つ目は、ルータにリレーエージェントの設定を行う方法です。


 いずれの方法においてもDHCPサーバのIPアドレスを登録します。するとDHCPリレーエージェントはブロードキャストでやってきたDHCPのメッセージをユニキャストに変換して、DHCPサーバに中継するようになります。

 このDHCPリレーエージェント機能を利用すれば、ルータによってネットワークが分割されていても1台のDHCPサーバでIPアドレスなどのネットワーク情報の自動設定を行うことができるようになります。

DHCPサーバの配置について」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPリレーをサーバで実装する(その1)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.