基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > DHCPリース/リリースを行うコマンド

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆DHCPリース/リリースを行うコマンド

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆DHCPリース/リリースを行うコマンド

 DHCPによるIPアドレスの自動取得を行っている場合、手動でDHCPから取得したIPアドレスの解放(Release)と更新(Renew)を行うことが出来ます。

 解放(Release)と更新(Renew)を自動取得に関しては、PCが起動する際などに自動的に行われるのですが、自動取得に失敗した直後やDHCPサーバの動作確認を直ぐに行いたい場合には、コマンドで更新するのが便利です。

 手動で解放と更新を行うには「ipconfigコマンド」を使用します。このコマンドは、コマンドプロンプト上で、TCP/IPに関する設定情報を表示する為のコマンドです。「ipconfig」で簡易表示を行ったり、「ipconfig /all」で詳細な情報を得ることが出来ます。

この「ipconfigコマンド」は、オプションを指定することで、手動でDHCPの解放と更新を行うことが出来ます。

●ipconfig /release コマンド

 指定したネットワークアダプタにおけるDHCPサーバからリースされたIPアドレスを開放します。アダプタ名を省略した場合には、全てのアダプタが対象になります。


●ipconfig /renew コマンド

 IPアドレスを解放(0.0.0.0)し、再度、自動的にIPアドレスを取得するという作業を行います。アダプタ名を省略した場合には、全てのアダプタが対象になります。


DHCP(リースの更新と解放)」 ← 前項 | 次項 → 「DHCP(Gratuitous ARP)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.