基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > DMZとは

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆DMZとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆DMZとは

DMZは、「DeMilitarized Zone」の略で、日本語では「非武装地帯」と訳されています。

下の図を見て下さい。


 DMZは、インターネットに接続されたネットワークにおいて、ファイアウォールによってインターネット側からも内部ネットワーク側からも隔離された区域を指します。

 「非武装」と訳されると、全く武装されていないようなイメージを持ってしまいますが、武装していないわけではありません。

ファイアウォールは必要な通信だけをDMZに通し、それ以外の通信をDMZに流さないように設定されています。

 つまり、外部に公開するサーバをこのDMZに配置することで、ファイアウォールによってインターネットからの不正なアクセスを排除することができます。

 例えば、DMZにWWWサーバを配置する場合、宛先IPアドレスがWWWサーバで、送信元ポート番号が80番のパケットだけDMZに流れることを許可し、その他のパケットがDMZに流れることを拒否することで、インターネットからの不正なアクセスを排除することができます。

 もし、DMZでなく、内部ネットワークに公開サーバを配置した場合、公開サーバがインターネットからの不正アクセスで乗っ取られた場合、内部ネットワークに被害が及ぶことにないます。

 DMZに公開サーバを配置しておけば、万が一、公開サーバが乗っ取られた場合でも、内部ネットワークにまで被害が及ぶことはありません。

 ここまで、説明してきた内容が、DMZの一般的な意味なのですが、ブロードバンドルータのDMZ機能では、少し違った意味で使われます。

NATの種類」 ← 前項 | 次項 → 「DMZ機能




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.