基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > 無線LANの2つのモード

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆無線LANの2つのモード

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆無線LANの2つのモード

無線LANの通信には、次の2種類あります。

◆インフラストラクチャモード

 インフラストラクチャモードとは、無線LANアクセスポイントを介して、通信を行う方式のことを言います。無線LANクライアントは、、無線LANアクセスポイントを経由して、他の無線LANクライアントとの通信を行ったり、有線LANへの接続を行います。

 アドホックモードでは、2台の無線クライアント間で、通信を行っている間、他の無線クライアント間で、通信することができないという制約がありますが、インフラストラクチャモードでは、別の任意の無線クライアント間で通信が可能です。

 無線クライアント間の通信、有線LANへの接続を全てのクライアントから同時に行えるので、利便性に優れており、一般的に、無線LANは、インフラストラクチャモードで構築します。

※有線LANに接続するには、無線アクセスポイントを有線LANに接続する必要があります。



◆アドホックモード

 アドホックモードとは、無線LANアクセスポイントを介さずに、無線クライアント同士で通信を行う方式のことを言います。アドホックモードでは、任意の無線クライアント2台が、いったんデータ転送を開始すると、他のパソコン間でのデータ転送ができなくなります。

無線LANアクセスポイントを必要としないので、ネットワークを構築するのは、簡単ですが、拡張性に乏しく、ネットワーク上に、たくさんのクライアントが存在するネットワークでは、不向きな方式です。

 また、有線LANに接続したい場合には、無線クライアントの1台にルータの役割をする設定しなければなりません。初期費用を抑えることができるというメリットもありますが、企業などのネットワークでは、通常、この方式は使用しません。


無線(ローミングとは)」 ← 前項 | 次項 → 「NATとは




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.