基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > IEEE802.11aのチャネル

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆IEEE802.11aのチャネル

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆IEEE802.11aのチャネル

 IEEE802.11b規格では、従来のIEEE802.11規格との互換性がとられましたが、こちらは、互換性にとらわれず、当時の最新技術を用いて規格化されました。

 無線周波数には、5GHz帯を使用し、理論上の最大伝送速度は、54Mbps出せます。部屋の中だけで利用する場合は、電波が届き易く安定して利用できますが、別々の部屋や階が違う場所は、電波が届きにくくデータのやり取が不安定になります。

 IEEE802.11aに使用されているチャネルの中心周波数は、2005年5月の省令改正により、日本国内で使用されてきたJ52(5.15〜5.25GHz)の4チャネル配置から、国際的に標準になっているW52の4チャネルに変更され、新しくW53の4チャネルが追加された為、W52、W53では、5.15〜5.35GHzが使用されています。


これにより、合計8チャネルが利用可能になりました。

 さらに、2007年1月の省令改正で、屋外で利用可能なW56の11チャネルが追加され、チャネル数は合計19チャネルになりました。

この追加されたチャネルは、屋外でも利用することができます。

クリックすると別画面で表示します。

 このようにIEEE802.11aでは、チャネル配置の変更が行われた為、IEEE802.11aに対応した製品を利用していても、製造された時期が異なる機器同士では、接続できないという事態が発生する可能性があります。

IEEE802.11aの魅力は、屋外で利用できることと、利用できるチャネル数が多いことが挙げられます。


チャネルの配置変更や追加が行われた結果、IEEE802.11aで、利用可能なチャネル数は現在19になっています。

上図の通り、チャネル間の重なりがないことから、19チャネルの全てを同時使用することができます。

IEEE802.11bとIEEE802.11gの混在時」 ← 前項 | 次項 → 「IEEE802.11n




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.