基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > IEEE802.11bとIEEE802.11gの混在時

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆IEEE802.11bとIEEE802.11gの混在時

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆IEEE802.11bとIEEE802.11gの混在時

 IEEE802.11gには、IEEE802.11bとの後方互換性があるので、2つの規格の通信を行うことができます。下図のチャネルの配置図を見てもらえば同じ周波数帯域を利用していることが分かります。

 しかし、IEEE802.11bとの混在の環境下で同じチャネルを同時に使用すると、IEEE802.11b側に合わされてしまいます。

その為、IEEE802.11g端末の通信速度が低下します。


 IEEE802.11gは、IEEE802.11.bの上位互換の方式で、IEEE802.11.bの方式にも対応できる為、既存の無線LANが、IEEE802.11.bで構築されていた場合、追加したり、変更する無線機器をIEEE802.11gにしてゆけば、スムーズに、移行することができます。

 IEEE802.11bとIEEE802.11gとの混在環境では、IEEE802.11b側に合わされてしまうので、早い段階で、IEEE802.11gの機器で統一することが望ましいと言えます。

IEEE802.11gのチャネル」 ← 前項 | 次項 → 「IEEE802.11aのチャネル




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.