基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > 無線LAN(チャネルの割り当て)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆無線LAN(チャネルの割り当て)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆無線LAN(チャネルの割り当て)

 ここでは、複数のアクセスポイントを設置する際に、アクセスポイントに設定するチャネルをどのように割り当てれば良いのかを説明してゆきます。


◆同一チャネルを割り当てる場合

 同じチャネルを使用する複数のアクセスポイントを設置する場合、電波が届く範囲に、他の無線機器があると電波が干渉して、通信速度が低下します。周波数が重なり干渉を引き起こすからです。

そこで、チャネル間の重ならないようにアクセスポイントを設置することで、干渉を回避することができます。


重なりがなくなるように、十分にアクセスポイント間を離しておくことが重要です。

間隔が十分でない場合、電波が重なるエリア内では、電波干渉が起こります。



◆異なるチャネルを割り当てる場合

 電波干渉を防ぐ為に、近くに存在するアクセスポイントとは異なるチャネルを割り当てます。そうすることで、アクセスポイント間の電波干渉を発生させないようにすることができます。

使用するチャネルは、周波数帯が重ならないように十分なチャネル間隔を空けて選択します。


 下図のように異なるチャネルを使用していても、周波数帯が重なる場合は、電波干渉を引き起こします。異なるチャネルを使用したからといって、電波干渉がなくなるわけではありません。

周波数帯が重ならないように正しいチャネルを選択することで電波干渉が回避されるので注意して下さい。

 下の図を見て下さい。一見、問題ないように思えるかもしれませんが、1ch、2ch、3chは、周波数帯は、一部で同じ周波数帯を使用しています。その為、電波干渉が発生します。

 IEEE802.11b,gの場合は、十分なチャネル間隔を空け、チャネルを選択する必要があります。電波干渉を起こさないように5チャネル以上の間隔をあける必要があります。


※IEEE802.11aの場合は、各チャネルに割当てられている周波数帯は他のチャネルと周波数帯に重なりがないことから上図のようにチャネルを割り当てても問題ありません。

無線LAN(チャネルとは)」 ← 前項 | 次項 → 「IEEE802.11bのチャネル




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.