基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > PPPoA

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆PPPoA

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆PPPoA

 PPPoAは、「PPP over ATM」の略で、ATMネットワーク上でPPP接続を行なうプロトコルです。これに対して、PPPoEとはEthernet上でPPP接続を行います。

 電話やISDNでは、ダイヤルアップ接続サービスを提供するPPPサーバを用意しています。PPPoAやPPPoEは、この仕組みをそのまま利用する為に開発された技術です。

 この技術があれば、ダイヤルアップ接続と同等の手順を行うだけで、ADSLインターネットを提供することができます。

 PPPoAは、もともと、PPPをADSLで使用する為に開発されました。それは、ADSLがATM技術で通信を行うようになっていたからです。

 しかし、ATMではVCでパスを管理しなければなりませんし、とても高価です。また、一般ユーザが気軽に利用できるようなパソコン向けの通信技術ではないので、導入するには問題がありました。そこで、開発されたのがPPPoEです。
※Windowsで利用する場合、別途ソフトウェアが必要です。

現在では、PPPoAは、あまり利用されていません。日本では、イーアクセスが、PPPoAを採用しています。

PPPoE(ユーザ名@プロバイダ名)」 ← 前項 | 次項 → 「CSMA/CA




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.