基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > PPPoEとは

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆PPPoEとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆PPPoEとは

 PPPoE(PPP over Ethernet)とは、PPPの機能をEthernetを通して利用するためのプロトコルです。PPPについては、「PPPとは」を参考にして下さい。

 PPP(PPP over Ethernet)は、もともと、ダイヤルアップや、ISDNでネットワークに接続するために開発されたもので、PPPoEは、PPPをADSLサービスやFTTHサービスのつなぎっぱなしの環境でも利用できるようにしたものです。

 PPPoEは、PPPと異なり、NICに焼きこまれた固有のMACアドレスによって双方のコンピュータを識別し、その間に仮想回線を確立します。そして、その仮想回線上でPPPパケットをやりとりをして、ユーザ名やパスワードをチェックを行うことができるようになっています。

今や、PPPoEはブロードバンド接続において、インターネットの標準プロトコルとなっています。

●PPPoEフレーム

 PCから送信されるMACフレームは、ブロードバンドルータで、MACフレームからIPパケットが取り出されます。


 そして、取り出したIPパケットの先頭にPPPヘッダでカプセル化を行い、さらにPPPoEヘッダでカプセル化を行います。これを再びMACフレームでカプセル化したものがPPPoEフレームになります。

 PPPoE接続と言っても、運ばれるのは、上図のPPPoEフレームの構造を見れば分かるように、PPPoEフレームの中に入っているのは、PPPフレームです。

 PPPoEフレームを受け取ったプロバイダ側のアクセスサーバはPPPoEフレームからPPPフレームを取り出すことで、PPPでやり取りを行うことができるようになります。

FTTHの工事」 ← 前項 | 次項 → 「PPPoE(MTUの問題)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.