基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > FTTHの工事

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆FTTHの工事

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆FTTHの工事

 光ファイバー導入時には、家の壁に穴を開ける必要があります。しかし、最近では、光ファイバケーブルが改良されており、配管が通っている建物の場合、その配管へ光ファイバケーブルを通すことで、穴を開けるケースが少なくなっています。

 また、エアコンの室外機の配管が既にある場合、その室外機への配管へ光ファイバケーブルを通すことで、わざわざ家の穴を開けなくて済むケースもあります。


 FTTHで、工事費が発生するので注意が必要です。ADSLでも工事が必要ですが、ADSLの工事は、収容局内における工事が基本で、自宅での工事は基本的にはありません。固定電話を既に契約している場合には、既に屋内に電話線が配線されていて、差し込み口が壁にあるからです。

 FTTHでは、工事が大がかりになります。それは、光ファイバケーブルを自宅内に引き込む必要があるからです。工事費として、20,000〜30,000円します。

 工事費無料の場合もありますが、それは、あくまで基本工事で済んだ場合です。エアコンを購入した場合、基本工事で済まない場合には、追加料金が必要ですよね。FTTHにおいても、基本工事で済まない場合は、追加料金が発生するケースがあります。

 仮に、基本工事が無料で済んだとしても、解約する際に、取り外し工事が必要になります。その際の費用は、自己負担のケースがありますから、契約する際にはよく確認してから契約を行いましょう。

FTTHとは」 ← 前項 | 次項 → 「PPPoEとは




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.