基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > ADSL(スプリッタ)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ADSL(スプリッタ)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ADSL(スプリッタ)

 ADSLでは、電話線を使用します。、電話線上には電話通話用の低周波信号と、インターネット通信用の高周波信号の両方が存在ます。

 電話の音声の伝送には、4kHz未満の低周波数帯を利用し、データ通信に4kHz以上の音声には使わない高周波数帯を使って通信を行ないます。

 そこで、電話で使う信号と、ADSLで使う信号とを分離する必要があります。その分離を行うための装置がスプリッタです。


 スプリッタのコネクタは、全てRJ11で、電話線を接続します。スプリッタのADSLモデム側とADSLモデムを接続します。また、スプリッタの電話側と電話を接続します。電話線が長くなるとノイズや通信スピードの減速の原因となる為、取り付けには注意が必要です。

 従来のデータ通信では電話回線に直接モデムを接続し、通話とデータ通信が回線を共有することができませんでしたが、ADSLでは、使用する周波数帯を分離することにより、通話中でもデータ通信を行うことが可能になっています。

ADSLの仕組み」 ← 前項 | 次項 → 「ADSL(DMT方式)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.