基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > ADSLの仕組み

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ADSLの仕組み

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ADSLの仕組み

ADSLの接続構成例は、下図の通りです。


●スプリッタ

 ADSLでは、電話線を使用します。、電話線上には電話通話用の低周波信号と、インターネット通信用の高周波信号の両方が存在ます。

 そこで、電話で使う信号と、ADSLで使う信号とを分離する必要があります。その分離を行うための装置がスプリッタです。

※スプリッタを用いなくてもよいケースもあります。マンションやアパートなどの集合住宅では電話回線をまとめる装置にスプリッタが設置されている場合があります。

●ADSLモデム

 ADSLモデムは、コンピュータのディジタル信号をアナログ信号に変調したり、電話局側のアナログ信号をコンピュータのディジタル信号に復調します。

 ADSLモデムとスプリッタとの接続には電話線を使います。電話線が長くなるとノイズや通信スピードの減速の原因となります。

●DSLAM(DSL Access Multiplexer)とBAS(Broadband Access Server)

電話局内には、xDSLを束ねるDSLAMが設置されています。インターネットへはBASを介して接続します。

 ADSLモデムとBASは、PPPをカプセル化したPPPoEやPPPoAを用いて通信を行います。こうすることで、個々のユーザを個別に識別し、IPアドレスを割り当てたり、契約しているISPに振り分けることを可能にしています。

 フレッツADSLでは、ユーザ認証に、メールアドレス風の表記を使って接続先のプロバイダとプロバイダのユーザ名を一括して処理しています。

ADSLとは」 ← 前項 | 次項 → 「ADSL(スプリッタ)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.