基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > PPPとは

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆PPPとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆PPPとは

 PPPは、IOS DHLCをベースにしているデータリンク層のプロトコルでWANで使用されている最も身近なプロトコルです。認証や、圧縮など豊富なオプションから、ダイヤルアップ、専用線、DSL、FTTHなどで使用されています。

PPPは、ポイントツーポイント接続する際に使用します。

 また、PPPは、マルチプロトコル環境をサポートします。ネットワーク層にIPを使用する場合は、IPCP、IPXを使用する場合は、IPXCP、Apple Talkを使用する場合は、ATALKCP(Apple Talk Control Protocol)を使用することでマルチプロトコル環境に対応しています。


PPPには、「LCP」と「NCP」という層があります。

●LCP

LCPでは、リンクの確立、切断、維持を担当しています。

また、LCPのオプションでは、

・認証
・圧縮
・エラー検出
・マルチリンク

を設定します。

●NCP

 NCPでは、ネットワーク層のプロトコルとネゴシエーションを行います。IPCP、IPXCP、ATALKCPを使用することにより、マルチプロトコル環境に対応させています。


●PPPセッションの確立


@リンク確立フェーズ

・LCPフレームを送信してデータリンクを設定、テストを行います。
・MTU、圧縮、リンク認証などについてネゴシエートします。

A認証フェーズ

<認証機能を使用する場合>※認証機能を利用しなくても良い
・認証を使う場合、ネットワーク層プロトコル フェーズの前に開始されます。

Bネットワーク層プロトコル フェーズ

・NCPパケットを送信してネットワーク層のプロトコルを選択して設定を行います。

Cisco HDLC」 ← 前項 | 次項 → 「PPP(PAP)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.