基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > SLIP

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆SLIP

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆SLIP

 SLIPは、「Serial Line Internet Protocol」の略で、略称「スリップ」とも呼ばれ、RS-232CやRS-422等のシリアル回線でIPを動作させるためのデータリンク層のプロトコルです。

1980年代初めに、アメリカの3Comが開発し、RFC1055として標準化されています。

 SLIPは、一般的に、RS-232Cにおいて、使用されるプロトコルだと思われがちですが、電話回線などを通じて、インターネットなどのTCP/IPネットワークに接続するためにも使用されます。

 しかし、SLIPでは、ネットワーク層のプロトコルにIPしか利用できません。AppleTalkやNetwareなどのプロトコルが利用できません。

 また、SLIPは、多くの問題も抱えています。セキュリティが低いのも一つの問題点です。そこで、現在では、PPPが多く利用されています。

SLIPは、8bitデータを透過的に送信するポイントツーポイント接続に使用します。

 END(0xc0)で始まり、その次に、実際のIPパケットデータと続き、END(0xc0)に終わります。それ以外の機能は何もありません。とてもシンプルな作りとなっています。


SLIPでは、データの一かたまりを示すのに区切りマークとして、「0xc0」を使用します。

データの中に、END(0xc0)が含まれると不都合です。

その場合、下のように2オクテットの特別な送信を行うことで対処します。

 ●END(0xc0) ・・・  ESC(0xdb) ESC_END(0xdc)

これでデータ中に、「0xc0」が現れないことになります。

しかし、ESC(0xdb)をデータとして送りたい場合に、不都合が起こります。

この場合には、下のように2オクテットの特別な送信を行うことで対処します。

 ●ESC(0xdb) ・・・  ESC(0xdb) ESC_ESC(0xdd)

このように、SLIPでは、IPフレームを単純にカプセル化を行っています。

ポイントツーポイント接続」 ← 前項 | 次項 → 「HDLC




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.