基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > WWWサーバの種類

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆WWWサーバの種類

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆WWWサーバの種類

 WWWサービスプログラムには、以下の表のように様々な種類があります。このWWWサービスプログラムをインストールしてサービスを起動しているサーバがWWWサーバになります。

 ユーザーは、ホームページを閲覧するときにWWWサーバがどのサービスプログラムを使用しているのかを気にする必要はありません。ブラウザの設定も特に必要ありません。

OS WWWサービスプログラムの名
Windows95,98 Personal Web Server
Windows NT Workstation Peer Web Server
Windows NT Server Internet Information Server(IIS)
Windows 2000,Windows XP Professional,
Windows Server 2003,Windows Vista,
Windows Server 2008
Internet Information Services(IIS)
Linux,Windows family Apache HTTP Server

 WindowsファミリーのOSには、WWWサービスプログラムがハンドルされています。CD-ROMからインストールすることでインターネットサーバサービスを使用することができます。

※ただし、クライアントOSに付属するWWWサービスプログラムの場合、WWWサービスへの接続数や充実した機能を使用することはできません。

 Linux,WindowsファミリーOSで使用できる「Apache HTTP Server」は下のURL先から無料で入手することができます。

http://www.apache.jp/

 Apacheは世界中のボランティアの手で開発が続けられているフリーソフトウェアで、無償で公開されています。世界中の多くのWebサイトで利用されています。

ブラウザとHTTPサーバのやり取り(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「HTTPとセキュリティ問題




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.