基礎から学ぶ ネットワーク塾 > ネットワーク入門 > ネットワーク層/トランスポート層のプロトコル

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ネットワーク層/トランスポート層のプロトコル

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ネットワーク層/トランスポート層のプロトコル

トランスポート層/ネットワーク層のプロトコルには、次のようなものがあります。

ネットワーク層のプロトコル トランスポート層のプロトコル
IP, ARP, RARP, ICMP, DHCP, IPX, NetBEUI, DDP, AARP TCP, UDP, SPX, NetBEUI, RTMP, AURP, NBP, ATP, AEP

 一般的に、LANでは、TCP/IPを使用して通信を行いますが、同じ階層のプロトコルに、NetBEUI、やIPX/SPXなどが存在します。

 これらのプロトコルが存在する層は、OSI参照モデルでは、 ネットワーク層とトランスポート層に該当します。

この層は、通信相手とサービスを特定するのが主な役割です。

プロトコルが違えば、通信相手とサービスを特定するルールも異なってきます。

つまり


といった通信は、成り立ちません。
※ゲートウェイが通信を仲介すれば可能です。


通信においては、まず考慮しなければならないのが、OSIの7階層モデルです。

送信元と宛先の同じ階層に位置するプロトコルは、同じでなければなりません。

 通信で行われている仕事は、表面的に見える部分よりもはるかに多く、1つの通信サービスを実現する為に、各階層のプロトコルが密接に結びついて、動作しています。

主要なプロトコルとポート番号」 ← 前項 | 次項 → 「Gopher(ゴーファー)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.