基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > TCPの制御(回線の切断)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆TCPの制御(回線の切断)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆TCPの制御(回線の切断)

TCPにおける通信の終了は、以下のようなケースがあります。

・データ送信の終了
・回線の強制切断


●データ送信の終了

 送信側で、送信するデータがなくなったら、コードビットのFINフラグを「1」にセットしたセグメントを送信します。

 相手側も送信するデータがなければ、FINフラグを「1」にセットしたセグメントを返します。その後、バーチャルサーキットの接続が切断されます。


※実際には、最後に送信元がACKフラグをセットし、「シーケンス番号+1」したセグメントを送信してコネクションが終了となります。

 TCPのクローズ処理では、これ以上送信するデータがないということをお互いに通知しあうことで、初めてクローズ処理が完了します。一方的に受信をやめるだけでは、正しいクローズ処理にはなりません。


●回線の強制切断

 TCPでは、データ伝送の信頼性を確保するために送信データに対するACKの返送の監視をしています。

 一定時間、ACKの返事が届かない場合は、送信を再度繰り返します。そして、一定回数再送してもACKが返って来ない場合には、コードビットのRSTフラグを「1」にセットしたセグメントを送信して、コネクションを強制終了させます。


 ここでは、説明を簡略化するために繰返し3回失敗すると、強制切断していますが、監視時間と再送回数の決め方には、いろいろな方法があります。

TCPの制御(データの送受信)」 ← 前項 | 次項 → 「TCPの制御(スリーウェイハンドシェイク)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.