基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > TCPの制御(接続の確立)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆TCPの制御(接続の確立)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆TCPの制御(接続の確立)

ここでは、TCP制御手順における接続の確立の流れを説明してゆきます。

 TCPにおける通信では、TCPヘッダ内にあるCodeBit(コードビット)が重要な意味を持ってきます。TCPヘッダは、以下のようになっています。

0 15 16 31
送信元ポート番号(16ビット) 宛先ポート番号(16ビット)
シーケンス番号(32ビット)
確認応答番号(32ビット)
ヘッダ長
(4ビット)
予約済み
(6ビット)
コードビット(各1ビット) ウィンドウサイズ
(16ビット)
U
R
G
A
C
K
P
S
H
R
S
T
S
Y
N
F
I
N
チェックサム(16ビット) 緊急ポインタ(16ビット)
(オプション)
データ
←―― 32ビット ――→

 通信を行う側が、コードビットのSYNフラグを「1」にセットしたセグメントを相手に送ります。受信側は、通信できる状態であれば、同じく、SYNフラグを「1」にセットしたセグメントで応答します。もし、通信ができない状態であれば、RSTフラグを「1」にしたセグメントを返します。

このやりとりは、データを持たない、TCPヘッダだけのパケットがやり取りされます。

●通信の開始

双方が、「OK」した段階で、接続が確立されます。

 これで、お互いのセグメントを送受信するための伝送路が出来上がります。この伝送路を仮想回線(「Virtual Circuit)といいます。

 この回線は、通信が終了するか、何かの理由で遮断されるまで維持され、以降のパケットのやり取りに使用されます。

●仮想回線(Virtual Circuit)

TCPとUDPの特徴」 ← 前項 | 次項 → 「TCPの制御(データの送受信)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.