基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > UDPの代表的なウェルノウンポート

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆UDPの代表的なウェルノウンポート

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆UDPの代表的なウェルノウンポート

ここでは、代表的なUDPのウェルノウンポートを紹介します。

 まずは、UDPヘッダを確認しておきましょう。ヘッダーの先頭に、送信元ポート番号、宛先ポート番号があることが分かります。

◆UDPヘッダー

0 15 16 31
送信元ポート番号(16ビット) 宛先ポート番号(16ビット)
長さ(16ビット) チェックサム(16ビット)
データ
←―― 32ビット ――→

◆UDPのウェルノウンポート

UDPのウェルノウンポートの一部を紹介します。詳しくは、RFC1700を参照してみて下さい。

 http://www.ietf.org/rfc/rfc1700.txt

ポート番号 サービス名 説明
53 domain Domain Name Server
67 bootps Bootstrap Protocol Server
68 bootpc Bootstrap Protocol Client
69 tftp Trivial File Transfer
88 kerberos Kerberos
123 ntp Network Time Protocol
137 netbios-ns NETBIOS Name Service
138 netbios-dgm NETBIOS Datagram Service
139 netbios-ssn NETBIOS Session Service
161 snmp SNMP
162 snmptrap SNMPTRAP
213 ipx IPX
445 microsoft-ds Microsoft-DS
520 router RIP
546 dhcpv6-client DHCPv6 Client
547 dhcpv6-server DHCPv6 Server

TCPの代表的なウェルノウンポート」 ← 前項 | 次項 → 「TCPとUDPの特徴




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.