基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > トランスポート層のプロトコルの役割

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆トランスポート層のプロトコルの役割

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆トランスポート層のプロトコルの役割

ネットワーク層以下のプロトコルでは、バラバラになったパケット(小包)を宛先に届けるだけです。

 送信するパケットが何が入っているデータであるのかは、気にしていません。ただ、ひたすらパケットを作り、指定した相手に届けるだけなのです。


 しかし、プロセス(アプリケーション)から見れば、それでは、困ります。データの中身が何であるかが分からなければ、自分が担当するデータなのかが分からないからです。

コンピュータ上では、様々なプロセスが動作しています。


 仮に、パケットを受け取ったとしてもバラバラになったパケットを元通りに組み立て直す情報もありませんから、元通りにすることもできなければ、必要なパケットが全て自分に届いているかどうかも分からないのです。

 そこで、トランスポート層は、プロセスに対して、「AとBはつながっていて、A上のプロセスとB上のプロセスがやり取りできる。」という状態を提供しています。


トランスポート層のプロトコルは、相手先のプロセスとのデータ伝送路を確保します。

Path MTU Discovery」 ← 前項 | 次項 → 「ポート番号の役割




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.