基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > ping コマンド(エラーメッセージ)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ping コマンド(エラーメッセージ)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ping コマンド(エラーメッセージ)

ここでは、Destination Unreachable(Type3)のエラーについて説明してゆきます。

 IP通信において、何らかの問題が発生した場合には、経路の途中のルータや端末がを送信元へエラーを報告します。Destination Unreachable(Type3)エラーの場合は、次の一覧の情報が報告されるようになっています。


◆Type 3 のエラー 一覧

コード 情報 意味
0 Netwrok Unreachable ネットワークに到達不能
1 Host Unreachable 特定のホストに到達不能
2 Protocol Unreachable プロトコルに到達不能
3 Port Unreachable ポートに到達不能
4 Fragmentation Needed and DF set フラグメンテーションが必要
5 Source Route Failed ソースルート通りにルーティングできない
6 Destination Network Unknown 宛先ネットワークを知らない
7 Destination Host Unknown 宛先ホストを知らない
8 Source Host Isolated 送信元が通信できない
9 Network Administartively Prohibited 送信先ネットワークが拒否している
10 Destinantion Host Administartively Prohibited 送信先ホストが拒否している
11 Network Unreachable For TOS 要求したTOSでネットワークに到達不能
12 Host Unreachable For TOS 要求したTOSでホストに到達不能
13 Communication Administratively Prohibited 通信が拒否されている

◆Cisco ルータの場合のエラー 一覧

コード 情報
! 各感嘆符(!)は、応答の受信を示します。
. ピリオド(.)は、ネットワーク サーバが応答を待機中にタイムアウトしたことを示します。
U PDU が受信した宛先到達不能エラー
Q ソース クエンチ(宛先がビジー状態)
M 断片化不可
? パケット タイプ不明
& パケットの存続時間超過

このエラーメッセージからトラブルの原因を探る意ことができます。

ping コマンド」 ← 前項 | 次項 → 「tracert / traceroute コマンド




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.