基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > ARP応答の中身

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ARP応答の中身

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ARP応答の中身

ここでは、ARP応答の中身について詳しく説明してゆきます。

 コンピュータAからARP要求を受け取ったコンピュータEがコンピュータAにARP応答を返す時のARP応答パケットの中身について説明してゆきます。



コンピュータEが、コンピュータAに送信するARP応答パケットは下の構成になっています。



◆MACヘッダ

 イーサネットフレームのヘッダには、宛先MACアドレス、送信元MACアドレス以外もありますが、ここでは、宛先MACアドレス、送信元MACアドレスだけを示します。

 ARP応答は、ARP要求とは違い、ブロードキャストではなく、ユニキャストになります。宛先MACアドレスは、ARP要求時にコンピュータAのMACアドレスが判明しているので、そのMACアドレスを使用します。

宛先MACアドレス 送信元MACアドレス
00:17:42:5B:33:01 00:17:42:5B:33:05


◆ARPヘッダ

ARP応答パケットのヘッダは、次のようになります。

0 7 8 15
ハードウェアタイプ (16ビット)
"0001"(16進)
プロトコルタイプ (16ビット)
"0800"(16進)
HLEN (8ビット)
"48"(10進)
PLEN (8ビット)
"32"(10進)
オペレーションコード (16ビット)
"2"(10進)
送信元MACアドレス (48ビット)
"コンピュータEのMACアドレス"
00:17:42:5B:33:05
送信元IPアドレス (32ビット)
"コンピュータEのIPアドレス"
192.168.1.5
目標MACアドレス (48ビット)
"コンピュータAのMACアドレス"
00:17:42:5B:33:01
目標IPアドレス (32ビット)
"コンピュータAのIPアドレス"
192.168.1.1
←―― 16ビット ――→

ARP要求の中身」 ← 前項 | 次項 → 「ARPテーブル その1




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.