基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > ARP要求・ARP応答 その2

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ARP要求・ARP応答 その2

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ARP要求・ARP応答 その2

ARP要求・ARP応答 その1」の続きです。

 自分のARPテーブル内に宛先IPアドレスに対応するMACアドレスを見つけられない場合、コンピュータEのMACアドレスを調べるために、ARP要求を行います。

 コンピュータAは、宛先MACアドレスを「FF:FF:FF:FF:FF:FF」、目標IPアドレスを「192.168.1.5」としたブロードキャストをネットワーク内に流します。


 ネットワーク層のIPアドレスのブロードキャストアドレスは、「255.255.255.255」などがありますが、データリンク層のMACアドレスのブロードキャストアドレスには、「FF:FF:FF:FF:FF:FF」を使用します。

「FF:FF:FF:FF:FF:FF」は、データリンク層における全ての端末宛という意味になります。

コンピュータAは、下のようなARP要求パケットをネットワーク内に流します。

宛先MACアドレス   ・・・ FF:FF:FF:FF:FF:FF ←ブロードキャストアドレス
送信元MACアドレス  ・・・ 00:17:42:5B:33:01 ←コンピュータAのMACアドレス
目標IPアドレス     ・・・ 192.168.1.5

実際のARP要求パケットの中身は、こちら「ARP要求の中身」を参考にして下さい。


 そうすると、「192.168.1.0」ネットワーク内の全ての端末がこのARP要求(ブロードキャスト)を受け取ることになります。


◆ルータでは

 ルータは、特にブロードキャストのリレーをする設定を行っていなければ、デフォルトでブロードキャストアドレスをブロックします。

その結果、「192.168.2.0」ネットワークへは、このARP要求は流れないことになります。

そうすることで、不要なパケットを他のネットワークへ流出しないようにしています。

◆コンピュータB〜コンピュータDでは

 このブロードキャストは、コンピュータB、コンピュータC、コンピュータDにとって、データリンク層レベルでは、自分宛なのでネットワーク層に渡しますが、ネットワーク層レベルで自分宛でないことが分かるので破棄します。

◆コンピュータEでは

 コンピュータEでは、このARP要求は、データリンク層レベルで自分宛なので上位層であるネットワーク層に渡します。そして、自分宛であることが分かるので、返事する用意を始めます。この返事のことをARP応答と言います。

この続きのARP応答の流れについては、「ARP要求・ARP応答 その3」で説明してゆきます。

ARP要求・ARP応答 その1」 ← 前項 | 次項 → 「ARP要求・ARP応答 その3




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.