基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > ARPの仕組み

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ARPの仕組み

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ARPの仕組み

 IPアドレスは、あるネットワークに参加しているコンピュータに、グループ分けがし易いように人間が便宜上、勝手に設定するアドレスです。

 他のコンピュータから見れば、どのIPアドレスが振られたのか分かりません。つまり、通信したい相手のIPアドレスが分かっても、どのコンピュータにそのIPアドレスが割り当てられているのか分からないのです。

 例えば、コンピュータAがコンピュータEと通信する場合、コンピュータEのIPアドレスが分かっても、コンピュータEがどのコンピュータなのかは、分かりません。


そこで、コンピュータAは、ネットワーク上の全てのコンピュータに対して、

コンピュータEですか?

という問合せを行います。

これを、ブロードキャストと言います。


コンピュータB、コンピュータC、コンピュータDは、自分宛の問合せでないので、無視します。

コンピュータEは、自分宛の問合せなので、コンピュータAに対して返事を返します。

こうして、コンピュータAは、コンピュータEを見つけることができます。

 コンピュータAが行った全てのコンピュータに対する問合せ(ブロードキャスト)のことをARP要求と言います。また、コンピュータEがコンピュータAへ返事をしたことをARP応答と言います。

次の「ARPヘッダ」では、ARPについて、もう詳しく理解するために、ARPヘッダについて説明します。

ARPとは」 ← 前項 | 次項 → 「ARPヘッダ




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.