基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > サブネットマスクの利点

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆サブネットマスクの利点

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆サブネットマスクの利点

 サブネットマスクを使用することによって、サブネット分割を行うことが可能になり、ネットワークの規模に合わせたサブネットを作成することで、効率よくネットワークを運用することが可能となります。

下の図のネットワークでその利点を説明します。


IPアドレスの各クラスのデフォルトのサブネットマスクは、以下のようになります。

クラスA ・・・ 255.0.0.0
クラスB ・・・ 255.255.0.0
クラスC ・・・ 255.255.255.0

ということは、デフォルトで使用できる各クラスのホストのIPアドレスは、以下のようになります。

クラスA ・・・ 224 - 2 = 16,777,214

クラスB ・・・ 216 -2 = 65,534

クラスC ・・・ 28 - 2 = 254

 上の図では、クラスBのIPアドレスを使用しています。デフォルトのサブネットマスクのままでは、65,534台の大規模なネットワークになってしまいます。そんなネットワークは、世界中を探しても多くないと思われますし、1つのセグメント内にそんなにたくさんの端末が存在すると輻輳が発生してしまいます。

 上のネットワークでは、「/16」から「/24]へ8ビット拡張することでクラスBのIPアドレスを、あたかもクラスCのIPアドレスであるかのように利用しています。

デフォルトゲートウェイとは」 ← 前項 | 次項 → 「サブネットマスクとルート集約




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.