基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > サブネットマスク(CIDR表記)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆サブネットマスク(CIDR表記)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆サブネットマスク(CIDR表記)

 スラッシュ(/)によるサブネットマスクの書き方をCIDR表記と呼びます。「/」の右側には、サブネットマスクの1の個数を書き、IPアドレスの右側に付け加えます。

書き方の例)

 サブネットマスク 「255.0.0.0」 → 「/8」
 サブネットマスク 「255.255.0.0」 → 「/16」
 サブネットマスク 「255.255.255.0」 → 「/24」
 サブネットマスク 「255.255.255.240」 → 「/28」
 サブネットマスク 「255.255.255.252」 → 「/30」

クラスCのIPアドレス、「192.168.123.45/24」を使ってCIDR表記を説明してゆきます。

「/24」は、サブネットマスクを意味します。

「24」は、左から連続する「1」の個数を表しています。つまり、「/24」は、「255.255.255.0」と同じ意味になります。



CIDR表記をするメリットは、何なのでしょうか?

デフォルトのサブネットがあるので、サブネットマスクを表示する必要がないのでは?

と思われるかもしれません。

 しかし、現在では、デフォルトのサブネットマスクではなく、サブネット分割したネットワークアドレスを使用するケースの方が増えています。

つまり、IPアドレスと共にサブネットマスクの情報が必要です。

CIDR表記をすることで、IPアドレスとサブネットマスクの情報を簡略した形で表現することができるのです。

サブネット分割」 ← 前項 | 次項 → 「サブネットマスクとのAND演算(その1)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.