基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > IPアドレス(クラスB)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆IPアドレス(クラスB)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆IPアドレス(クラスB)

クラスB ( 128.0.0.0 〜 191.255.255.255 )

最初の16ビットがネットワークアドレス、残りの16ビットがホストアドレスになります。

ただし、ネットワークアドレスの最初の2ビットは、識別のため、「10」とすることが決められています。

 つまり、第1、第2オクテットは、2進数で「10000000.00000000」〜「10111111.11111111」までを意味します。

 10進法に置き換えると「128.0.X.X」〜「191.255.X.X」になり、ネットワークアドレスは16,384個、ホストアドレスは、各ネットワークアドレスごとに6万5,536個確保されます。

※「x」は、ホストアドレスを示しています。

クラスBは、クラスAに次ぐ規模のネットワーク向けのアドレスクラスになります。

※ネットワークアドレスは最初の2ビットが固定されているので

 214 = 16,384 個になります。


クラスBアドレスは、IPアドレス全体の空間(≒43億個)のうち、1/4を占めています。

※ここで、説明しているIPアドレス数は、予約されているIPアドレスも含まれています。


デフォルトのサブネットマスク値は、「255.255.0.0」になります。

IPアドレス(クラスA)」 ← 前項 | 次項 → 「IPアドレス(クラスC)




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.