基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > ヘッダの階層構造

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ヘッダの階層構造

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ヘッダの階層構造

データのカプセル化」で解説したように、送信のデータは、

アプリケーション層→プレゼンテーション層→セッション層→トランスポート層→ネットワーク層→データリンク層→物理層

上位層から下位層へデータを渡す際に、「ヘッダ」と呼ばれる制御情報を付加して渡してゆきます。

●カプセル化


上位層から下位層へデータを渡す際に、「ヘッダ」と呼ばれる制御情報を付加して渡してゆきます。

 ヘッダに記載される内容は、例えば、「送信元の住所」「宛先の住所」、「荷物が届かなかった場合はどうするのか」などが書かれています。

データを受け取った機器は、このヘッダの内容をみて、プロトコルの処理に従って処理を行います。

 各層のプロトコルは、基本的に、受け取ったヘッダを破壊したり、書き換えたりせずに元のヘッダとデータを1つにまとめてカプセル化し、自分のヘッダを付けて、下の層へ渡します。


 このような方法を採ることで、自分の層のヘッダだけの確認を行えばよく、下位層や上位層のことを気にする必要がなくなります。ただし、相手側の等しい下位層では、同じプロトコルを使用している必要があります。

注意:ここで、基本的に受け取ったヘッダを書き換えたりしないと言いましたが、書き換えたり、暗号化する場合もあります。ここでは、話がややこしくなるので、割愛します。

パケット交換方式」 ← 前項 | 次項 → 「IPアドレスの役割




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.