基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > ブロードキャストドメインとは

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆ブロードキャストドメインとは

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆ブロードキャストドメインとは

 ブリッジ、スイッチは、送受信するフレームをMACアドレステーブルで管理することで、コリジョンドメインを分割することができます。

詳しくは、「コリジョンドメインとは」を参考にして下さい。


 ブリッジや、スイッチでは、このMACアドレスを学習することで、宛先ホストにつながるポートにだけにフレームを転送し、不要なフレームを他のポートに流さないことで、ブロードキャストドメインを分割しています。

●スイッチによるコリジョンドメインの分割

しかし、宛先が全てを対象とするブロードキャスト(FF:FF:FF:FF:FF:FF)は、転送してしまいます。

●スイッチ、ブリッジの動作

 このように、ブロードキャスト(FF:FF:FF:FF:FF:FF)が届く範囲をブロードキャストドメインと言います。ARP要求などのブロードキャストは、ブロードキャストドメイン全体に流れてしまうことになるのです。

スイッチやブリッジは、コリジョンドメインを分割しても、ブロードキャストドメインは分割しないのです。


ブロードキャストを流さないようにするには、ルータが必要になります。

●ルータの動作

 ルータは、ブロードキャストを転送しません。ブロードキャストが届かないということは、ARP要求もルータによってブロックされることになります。

 つまり、ルータの向こう側の端末のMACアドレスを調べることができず、イーサネットフレームを作れなくなってしまいます。

 そこで、ルータの向こう側の端末と通信する場合には、所属するブロードキャストドメイン内のルータのインタフェースのMACアドレスを宛先MACアドレスとして指定し、ルータにフレームを送ります。

 このルータのインタフェースのことをデフォルトゲートウェイと呼びます。デフォルトゲートウェイは、異なるネットワーク間の出入り口になります。

 ルータによってブロードキャストがブロックされるということは、DHCP要求もブロックされてしまうことになります。DHCP要求のブロードキャストをブロックしないようにするには、ルータにDHCPリレーの設定をするか、ブロードキャストドメインごとにDHCPリレーエージェントを設置する必要があります。

ここでは、ルータが、ブロードキャストドメインを分割する装置だと説明してきましたが、レイヤ2のスイッチでも、仮想LAN(Virtual LAN)を使用することで、ブロードキャストドメインを分割することができます。

コリジョンドメインとは」 ← 前項 | 次項 → 「回線交換方式




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.