基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > OSI参照モデル(データの流れ)

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆OSI参照モデル(データの流れ)

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆OSI参照モデル(データの流れ)

各通信レイヤは、レイヤ固有のPDUを使って同レイヤとピアツーピアで通信を行います。

PDU(Protocol Data Unit)とは、各レイヤが扱うデータの単位のことです。

OSI参照モデルでのデータ通信の流れは、下の図のようになります。


送信元PCのデータは、

アプリケーション層→プレゼンテーション層→セッション層→トランスポート層→ネットワーク層→データリンク層→物理層

と上位層から下位層へとデータが渡されてゆきます。

最後の物理層では、「0」と「1」のビットパターンに符号化され電気信号としてケーブル上に流れてゆきます。

そして、宛先PCに到達すると今後は、

物理層→データリンク層→ネットワーク層→トランスポート層→セッション層→プレゼンテーション層→アプリケーション層

下位層から上位層にデータが渡されてゆきます。


◆データのカプセル化

上位層から下位層へデータを渡す際に、「ヘッダ」と呼ばれる制御情報を付加して渡してゆきます。


例えば、通信プロトコルにTCP/IPが使用されているとします。

 データが、トランスポート層まで降りてくると、 ポート番号やシーケンス番号、確認応答番号などの情報を付加してネットワーク層に渡します。

ネットワーク層では、送信元IPアドレス、宛先IPアドレスなどの情報を付加してデータリンク層に渡します。

データリンク層では、MACアドレスなどの情報を付加して物理層に渡します。

物理層では、メディアの伝送に適した「0」と「1」のビットパターンに符号化します。

このように、各レイヤで制御情報を付加してゆくことを「カプセル化」と呼びます。

レイヤ PDU名称
アプリケーション層
プレゼンテーション層
セッション層
データ
トランスポート層 セグメント
ネットワーク層 パケット
データリンク層 フレーム
物理層 ビット

OSI参照モデル(役割分担)」 ← 前項 | 次項 → 「OSI参照モデルとTCP/IPモデル




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.