基礎から学ぶ ネットワーク塾 > TCP/IP入門 > 異機種間接続が可能

 ネットワーク書籍
基礎から学ぶ ネットワーク塾
◆異機種間接続が可能

※ネットワークの学習は、TCP/IPを学ぶことから始めることをオススメします。TCP/IPは、今日のLANやインターネットを支えている重要な技術になっています。ここでは、これからネットワークを学ぼうとする方に必要なネットワークの用語やテクノロジーの紹介、そして、TCP/IPプロトコルの基礎知識を中心に説明してゆきます。


◆異機種間接続が可能

 「プロトコルとは」で説明したように、互いに通信を行うためには、プロトコル(約束事)をあわせておく必要があります。

 今でこそ、TCP/IPは、インターネット、LANのスタンダードになっていますが、一昔前までは、各メーカごとに約束事が違い、OS、メーカーが違えば通信できないことがあったのです。


 上の図を見て下さい。お互いに、プロトコル(約束事)が違うわけですから、このままでは、通信することができません。

 人間のコミュニケーションも同じです。日本語を使う日本人と英語を使うアメリカ人は、そのままでは、うまくコミュニケーションがとれないのと同じです。うまく、コミュニケーションをとるには、どちらかが相手の言語に合わせてしゃべるか、通訳が必要になってきます。

それは、コンピュータの世界でも同じです。

<各OSのプロトコル>

・Windows(IBM互換機) ・・・ NetBEUI
・Macintosh ・・・ AppleTalk
・Netware ・・・ IPX/SPX
・UNIX ・・・ TCP/IP

※各OSの最新バージョンでは、TCP/IPが標準になっています。

これらのプロトコルは、それぞれの機種同士の通信が前提になってしまいます。

・Windows と Windows との接続
・Macintosh と Macintosh との接続
・Netware と Netware との接続
・UNIX と UNIX との接続

同じプロトコルを使用するコンピュータであれば、通信できますが、機種やOSの違えば通信できません。

 ネットワークは、機種やOSの違いに関係なく、どんなコンピュータでもネットワークに参加できなければ、使い勝手が良くありません。

 そこで、機種やOSの違いに関係なく、どんなコンピュータでもネットワークに参加させることができるプロトコル、そTCP/IPが注目されたのです。

 TCP/IPの歴史は古く、1960年に、米国国防総省の研究機関であるDARPA(Defence Advanced Research Project Agencyが、異機種間の通信を可能にするために定めたARPANET用の通信プロトコルです。

 TCP/IPはあらゆる面でオープンであったため、TCP/IPは、インターネットのみならず、イーサーネットの標準プロトコルになっています。現在インターネットが広く普及した要因として、このTCP/IPの存在が挙げられます。

TCP/IPは機種依存しない仕組みを持つので世界標準になっています。

 TCP/IPは、事実上、インターネット、イーサネットでスタンダードになっていますが、実際のネットワークは、少々複雑です。現在でもメーカ独自のプロトコルを使用しているコンピュータがネットワークに存在します。その際、相互接続を行うには、ゲートウェイが必要になってきます。

プロトコルとは」 ← 前項 | 次項 → 「OSI参照モデル




Copyright(c)2006- 基礎から学ぶ ネットワーク塾 All rights reserved.